HOME  ›  ふくもの暦  ›  2月【如月】きさらぎ
  • おみくじ
  • 遊山箱
  • トメカミカメト
  • micro fish

睦月、如月って何?

1年を12ヶ月の月で表しますが、旧暦では「和風月名(わふうげつめい)」と和風の呼び方をしていました。
旧暦の季節や行事に合わせたもので、現在の季節感とは1〜2ヶ月程のずれがあるとか。
由来については諸説あるようですが、代表的なものはこちら。

1月 睦月(むつき)
正月に親類一同が集まる、睦び(親しくする)の月。

2月 如月(きさらぎ)
衣更着(きさらぎ)とも言う。まだ寒さが残っていて、衣を重ね着する(更に着る)月。

3月 弥生(やよい)
木草弥生い茂る(きくさいやおいしげる、草木が生い茂る)月。「弥生(いやおい)」がつまって「弥生(やよい)」になったとされている。

4月 卯月(うづき)
卯の花が咲く時期から、卯の花月と言われる。

5月 皐月(さつき)
早月(さつき)とも言う。早苗(さなえ)を植える月。

6月 水無月(みなづき、みなつき)
水の月(「無」は「の」を意味する)で、田の水を引く月の意と言われる。

7月 文月(ふみづき、ふづき)
稲の穂が実る月(穂含月(ほふみづき))。

8月 葉月(はづき、はつき)
木々の葉落ち月(はおちづき)。

9月 長月(ながつき、ながづき)
秋の夜長を意味する「夜長月(よながづき)」の略で「長月」。

10月 神無月(かんなづき)
神々が出雲の国に集まって会議を開くため、他の国は留守になってしまうという意の「神なき月」から。また神の月という意味の「神な月」からという説も。

11月 霜月(しもつき)
霜が降りる時期のことから「霜降り月」が略され霜月に。

12月 師走(しわす)

師匠といえども趨走(すうそう、走り回る)する月。

そもそも節分って?どうして豆をまくの?

 2月3日(年によっては4日)といえば節分ですね。本来節分とは、季節の分かれ目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことを指しますが、次第に「節分=立春の前日」となりました。
これは旧暦では春から新年が始まるため、春の前日の節分は大晦日に相当し、最も重要とされたのです。また、古代中国では大晦日に「追儺(ついな)」という、邪気祓いの行事が行われていました。その中の一つ「豆まき」が江戸時代に庶民の間で広がり、新年を幸多い年にし災いをもたらす鬼を追い払う節分行事として定着したのです。

Photo by:Motoko Alexander(photost.jp)

恵方巻きについて

 恵方巻きとは、節分に食べると縁起が良いとされる巻き寿司を食べる風習です。
以前は近畿地方を中心とした風習でしたが、最近ではすっかり日本全国でおなじみですよね。節分の夜にその年の恵方(福徳を司る吉神のいる方向)に向かって目を閉じて一言も喋らず、願い事を思い浮かべながら太巻きを丸かぶりするのが習わしとされています。

2月9日は「ふくの日」です

 ふぐの本場、下関では河豚(ふぐ)を「ふく」と発音し、「福」と同じ発音であることから縁起の良い魚とされています。「ふ(2)く(9)」の語呂合わせから、下関ふく連盟が1980年に制定しました。ふく豊漁および航海安全の祈願などが恵比寿神社で行われます。また、2月9日に近い祭日には下関ふくの日まつりも行われています。

ページトップへ