HOME  ›  ふくもの暦  ›  3月【弥生】やよい
  • おみくじ
  • 遊山箱
  • トメカミカメト
  • micro fish

雛祭りについて

 3月といえば桃の節句、雛祭りですよね。雛祭りは言わずと知れた女の子の成長を祈る節句の年中行事ですが、 その始まりは?歴史は?知っているようで知らなかった、雛祭りのあれこれをご紹介します。

雛祭りの由来

 雛祭りの起こりは大変古く、平安時代までさかのぼるとも言われています。 昔の日本では3月3日は「上巳」「桃の節句」などと言われ、厄を人形に移して祓った「流し雛」の風習がありました。また、宮廷貴族の子どもたちの間では紙の人形でままごとをする「ひいな遊び」が流行していました。 それらが発展し、雛人形を飾り女の子の健やかな成長と幸せを願う現在の「雛祭り」となりました。

雛人形を飾る時期

 4地方によって若干の違いはありますが、一般的には立春(2月4日)くらいから2月中旬のころに飾り、3月3日を過ぎたらなるべく早くしまうのが良いとされています。また、しまうのが遅くなるとお嫁に行きおくれるという迷信は、雛人形は婚礼の様子を模していることから、早くしまうほど「早く片付く(嫁に行く)」と考えることによってお雛様のような幸せな結婚ができるように願ったことからとも言われています。

雛祭りの食べ物について

 雛祭りの食べ物といえば雛あられ、菱餅、蛤、などがありますがこの食べ物にも縁起の良い由来があります。菱餅は緑、白、赤、にそれぞれ邪気払い、長寿、魔よけの意味があり、蛤は他の貝同士では形が合わず、必ず一対になっていることから夫婦和合の象徴とされています。

ページトップへ