HOME  ›  ふくもの暦  ›  5月【皐月】さつき
  • おみくじ
  • 遊山箱
  • トメカミカメト
  • micro fish

端午の節句について

 日本の端午の節句は奈良時代から続く古い行事です。「菖蒲の節句」とも言われ、強い香りで厄を祓う菖蒲やよもぎを軒につるし、菖蒲湯に入ることで無病息災を願いました。 特に鎌倉時代ごろから武士は「菖蒲」を「尚武(しょうぶ)=武をたっとぶ」という言葉にかけて兜に菖蒲を飾ったり、流鏑馬を催したりして男の子の誕生と成長を祝うようになりました。鎧兜には男の子の身体を守るという意味合いが込められています。

こいのぼりについて

 鯉のぼりは中国の登龍門の古事に由来しています。「黄河の上流にある滝、竜門を登ることのできた鯉は竜になる」というもので、鯉の滝登りとも言われています。そこで、子どもの立身出世の象徴として飾られるようになりました。また、鯉のぼりの上で風に揺れる五色の吹き流しにも意味があるとされています。 古代中国の五行説からそれぞれ「木・火・金・水・土」を表し、厄を祓い下で泳ぐ鯉たちとその家の子どもたちを守ってくれるのです。

端午の節句の食べ物について

 端午の節句にはちまきや柏餅を食べる風習があります。柏餅を食べる風習は日本独自のもので、柏の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちないという特徴があるため「家系が絶えない」縁起物として広まっていきました。一方、ちまきを食べる風習は中国から伝わってきました。中国戦国時代、楚の詩人屈原の命日である5月5日に彼を慕う人々が、彼が身を投げた汨羅江(べきらこう)にちまきを投げ入れ、屈原の亡骸を魚が食べないようにと、ちまきを魚のえさとしたのが由来といわれています。

ページトップへ