HOME  ›  ふくもの暦  ›  10月【神無月】かんなづき、かみなしづき
  • おみくじ
  • 遊山箱
  • トメカミカメト
  • micro fish

旧暦10月、神様は出雲に出張中

 旧暦10月は神様たちが出雲に集まって、会議を行い、人びとの縁や運命について話し合います。このため、他の国からは神様がいなくなってしまうので「神無月」と呼ばれています。もちろん、神様の集まる出雲では「神在月」と呼ばれていますが、なぜ神様たちは出雲に集まるのでしょうか。
出雲大社の祭神は大地の象徴・大国主命。この大国主命には全国にたくさんの子どもたちがいて、各々の国を管理させています。その子どもたちが年に一度、出雲大社に集まって一年の報告や来年の予定を打ち合わせしているうちに他の神様たちも出雲に集まるようになったと言われています。 国譲り神話によると、大国主命は天照大神に日本を譲る代わりに、幽界の支配権を得たと言われています。これによって、物質的なことに関しては天照大神とその子孫である天皇が、精神的なことについては大国主命とその子孫が管理することとなりました。精神的なことというのは「幽(かく)れたる神事」と呼ばれ、目に見えない縁を結ぶことを言います。
これが、大国主命が縁結びの神様と言われている所以でもあります。 さて、この神無月の縁結び会議は有名な話ですが、この時、出雲に行かず留守番している神様が居ます。

恵比寿講

 えびす神は留守神といわれ、八百万の神様が出雲に赴く神無月に、出雲に行かずに留守番をしている神様です。このえびす神をお祭りするのが10月20日、11月20日に催されるえびす講です。この日は一年の無事を感謝し、五穀豊穣や大漁、商売繁盛を祈ります。えびす講の日には市が立ち、魚や根菜などが売られますが、有名なのは十日えびすという1月10日前後に行われる講で、兵庫県の西宮神社では招福まぐろが奉納されるのが恒例となっています。 この西宮神社のえびす講、実は「開門神事・福男選び」でも知られています。表大門の開門と同時に本殿に向かって走り参りを行い到着順に一番福、二番福、三番福となる福男が選ばれる行事です。 近年では、よくテレビでも放送されているのですっかりお馴染みですね。ちなみにこの福男選び、女性も参加できるそうで、3位以内に女性が入賞すると「福女」の称号が与えられるそうです。

ページトップへ