HOME  ›  ふくもの暦  ›  11月【霜月】しもづき
  • おみくじ
  • 遊山箱
  • トメカミカメト
  • micro fish

七五三のはなし

 七五三を祝う日はもともと地域によってまちまちでした。現在の11月15日位になったのは江戸時代のことと言われています。この日は鬼の出歩かない日=二十八宿の鬼宿日(にじゅうはっしゅくのきしゅくび)と呼ばれ、何をするのにも最良の日とされていました。昔は、現在と違い、乳児の生存率が低く三歳まで子供が生き延びることはとても大変なことでした。そのため、子供は七歳までは神様の預かり物とされていました。千歳飴には飴のように長く生き延びてほしいという願いが込められています。  さて、七五三は違う年齢のお祝を同じ日にしますが、それぞれどんな意味があるのでしょうか。まず三歳はそれまで剃っていた髪を男女ともにのばし始めるので「髪置き」。次に五歳の男の子が初めて袴をつけるのが「袴着」。七歳は「帯解き」と言って、女の子がこれまで着物に紐をつけていたのが、帯を締めるようになる儀式です。  日本では奇数を陽数、偶数を陰数といって奇数を縁起の良い数としてきました。三歳、五歳、七歳と七五三のお祝がすべて奇数なのはその影響です。神様から子供を預かっている七年間、子供が生きて成長してくれたことをお祝するのが七五三の文化です。

冬の始まりを告げる酉の市

 酉の市は毎年11月の酉の日に行われる鷲神社(おおとりじんじゃ)のお祭りです。江戸時代には「春を待つ 事のはじめや 酉の市」と芭蕉の弟子其角が詠んだように、お正月を迎える最初の祭りとされていました。酉の市では熊手などの縁起物を買い求めるのが一般的ですが、以外にも関東地方特有の行事なのだとか。熊手は運を「かっこむ(かき込む)」と言われる縁起物。翌年の更なる招福を願って熊手は年々大きいものに買い替えてゆくのが良いとされています。熊手を買う際は何回も値切って買うのですが、この値切った分はご祝儀としてそのままおいていくのがしきたり。なんだか理不尽な気もしますが気前の良いやりとりをするのが江戸っ子の粋というもの。2010年は、一の酉が7日、二の酉が19日となっています。福を呼び寄せにぜひ、お出かけすることをおすすめします。

ページトップへ