HOME  ›  日本のふくもの図鑑  ›  豪徳寺の招き猫
  • おみくじ
  • 遊山箱
  • トメカミカメト
  • micro fish

Fukumono Zukan-001
豪徳寺の招き猫 Goutokuji no manekineko
豪徳寺で会える凛とした上品なお顔の招き猫
豪徳寺の招き猫

東京世田谷区にある豪徳寺の白猫。品のいいすっとした顔立ちをしています。招き猫の由来として伝わっているのが、江戸時代、彦根藩藩主・井伊直孝が豪徳寺の門前で手招きしている猫に導かれ、寺内に入った途端、その場所に落雷が落ちて間一髪!一命をとりとめたことから、白猫を祀るようになったという逸話が伝わっています。

白い動物は昔から神の使いといわれ、大切にされてきました。中でも猫は人々の生活で可愛がられ、今でも店頭に猫がいると「可愛い〜」と人が寄ってくることも。まさに「招き猫」ですね。

txt by Ebisu


Maneki-Neko

‘Maneki-neko’ are one of the most famous ‘Fukuomono’ in Japan. It is said that they invite happiness, money and people.

The origin comes from the following fable:

class="margin_t10"In the Edo era, Naosuke Ii was the feudal lord of the Hikone Domain (now Shiga prefecture). He was walking by Goutokuji Temple when he saw a white cat that appeared to be gesturing to him to go inside. Curious, he went into the temple and just then lightening struck the place where he had just been standing. The cat had saved his life. Ever since then people have worshiped white cats with raised hands as “Maneki-neko”.

豪徳寺(山崎商店)
世田谷区豪徳寺2-24-7 ●招き猫豆サイズ300円〜5000円