HOME  ›  日本のふくもの図鑑  ›  鯛車
  • おみくじ
  • 遊山箱
  • トメカミカメト
  • micro fish

Fukumono Zukan-002
鯛車 Tai-guruma
「海彦山彦」神話ゆかりの鹿児島神宮の授与品
豪徳寺の招き猫

ひと目みたその時から、すっかりとりこに。
このビビッドな赤と黄色。斬新な斜めストライプ。まんまる大きな瞳孔が開ききった目。そしてぽかんと空いた口。

そして車輪がついてるから、動くんですよー。なお、楽しい。

鹿児島神宮の授与品です。
日本神話の「海彦山彦」で、釣り針を飲み込んだ鯛を模しているそうです。もう、針はのどから取れたのかな?

txt by Tome


Tai-guruma

 Bream are really popular among Japanese as ‘Fukumono ‘and they are often eaten at ceremonies. This is because the Japanese word for cerebration is ‘omedetai ’ and ‘tai ’ means bream.They are also connected with an ancient Japanese myth.We can get them at Kagoshima Jingu Shrine in Kagoshima prefecture.

When I first saw them, their vivid colors and large cute eyes appealed to me, and since then they have been one of my favorite Fukumono.

鹿児島神宮の授与品
鹿児島県霧島市隼人町内2496