SS

ふくもの隊が行く!日常で見つけた「ふく」なものや事をお届けします。

ふくもの隊が行く!日常で見つけた「ふく」なものや事をお届けします。

日本のふくもの
Japanese Fukumono

Fukumono Zukan-018 鯛のり招き猫子 Tainori manekineko

鯛に招き猫


縁起物の2大巨頭がひとつになって、あまりの「ふくぶく」しさに、
ニヤニヤしちゃいます。4つのつぶらな目で見つめられたら、手に取るしかありません。
岩手県の郷土玩具で、花巻市産の手すきの成島和紙を使用した張子です。
猫と鯛は捕食関係。でもこの大きな鯛の前には、猫もお手上げなのでしょうか。
いや上に乗っているから、猫が鯛をコントロールしている!?
余計な憶測を呼ぶ、ふくものです。

txt by Tome

Manekineko on the sea bream
Iwate prefecture

In Japan, when we celebrate something, we often prepare a sea bream. Why?
When we celebrate something, we also say “OMEDETAI” and “TAI ” means seabream in Japanese.
It’s a homonym. People believe that sea bream bringshappiness and luck.
That’s why we have sea bream to festive something.
The cat, called “Manekineko ” is also believed that it brings happiness, too.
The posture of a cat is important. If the cat rises its left hand,
it will invite topeople. If its right hand, it will invite to money.
If you have them together, it multiplies our happiness and good luck!

岩手県花巻市産の手すきの成島和紙を使用した張子です。

© micro fish.com all rights reserved. illustrated by © Tome Kamioooka+Team Fukumono
produced by micro fish
PAGE TOP